HOME

山尾 悠子 Yamao Yuko

 1955年3月25日--岡山県生まれ。本名非公開。同志社大学文学部国文科卒。
大学在学中の1973年に「仮面舞踏会」を『SFマガジン』(早川書房)のSF三大コンテストに応募して選外優秀作に選ばれ、1975年11月号の「女流作家特集」で掲載されデビュー。その後、山陽放送に勤務のかたわら『SFマガジン』、『奇想天外』(奇想天外社)、『SFアドベンチャー』(徳間書店)、『小説ジュニア』(集英社)等の雑誌に 作品を発表。1979年に退職して執筆に専念し、1980年には書き下ろしの長編第1作『仮面物語』を上梓するが、1985年以降は作品の発表が休止。 十数年の休止期間を経て、1999年に『幻想文学』第54号(アトリエOCTA)に「アンヌンツィアツィオーネ」を発表して復活。2000年に、単行本未収録作も含む当時までの作品を集めた『山尾悠子作品集成』を国書刊行会から刊行。2003年9月には2作目の書き下ろし長編『ラピスラズリ』を発表。
2004年の金原瑞人ら訳のジェフリー・フォード『白い果実』をリライトしたことから海外ファンタジーファンにも名が知られる。

ラピスラズリ

STORY

 「銅版画」「閑日」「竈の秋」「トビアス」「青金石」の4篇よりなる。

 深夜営業の画廊で「わたし」はかつて何かの本の挿絵に使われた3葉の銅版画に出会う。その版画の意味する所を店主と話合うのだが、次なる物語はその謎を追跡するかのように綴られて行く。

中世風の貴族の館を舞台にした「閑日」「竈の秋」がメインになっている風であるが、 一転「トビアス」で日本の片田舎の女系家族の家が舞台になる。
最後には聖フランチェスコの物語へ。

REVIEW

 ラピスラズリは私の好きな石の一つ。古代ローマの博物学者であり、政治家でもあったガイウス・プリニウス・セクンドゥスはこの石を「天空の破片」と呼んだ。金色の斑は黄鉄鉱なのだが、これが夜空の星々にも見えるし、マトリックスが薄ければ澄んだ日中の空を目を細めた時に散らばる日の光にも見える。
そんなタイトルを付けたこの本、翡翠のような地に夜空のように深いラピスラズリ文字。装丁が美しい。
紙の手触りも厚くなめらか。 お気軽で、その分ぞんざいに扱いがちな本が多い中、読む前から丁寧に読もうとしゃんとした気分になる。

いづれもが生きながらある季節を仮死状態で過ごす(冬眠する)者、 亡霊や実際の死に直面する者たちが描かれており、そして人形も登場する。
凝った背景描写の中に常に死と蘇生が隣り合わせに存在する不思議な連作。

痘瘡が蔓延し、枯れ葉で薫蒸する~疫病との関連~更に「トビアス」という名は全くもってそこに登場する者の名であるし、最後の「青金石」では「名も無い者」が眠りから覚めた時に見た天上の金青石(ラピスラズリの主成分である鉱物)の空から天使が降りてきた件など、旧約聖書の『トビト記』を朧気ながら意識しているのだろうか。

全てのパートを読み終わったあと、ひとつの結末へ集約されるといった形式のものではなく、まさに何葉かの版画でも眺めているといった雰囲気である。
しかし、何事か触発される。
残り香の行方を追跡したくなるような…。
久しぶりに読んだ(当然日本語で書かれた)日本の作家の文章だった訳だが、日本語の持つ語感の美しさを再認識。

  • ラピスラズリ
  • ラピスラズリ (ちくま文庫)

国書刊行会
発行:2003/10
ISBN:4-33-604522-4
単行本 / 237 p

このページのトップへ