© Fantasia Lab. All Rights Reserved.
<<Back

C.S. ルイス  Clive Staples Lewis

1898年11月29日 - 1963年11月22日 北アイルランド ベルファスト生まれ。
作家、神学者、古典文学者。

子供時代は3歳上の兄ウォレンと一緒に『ボクセン』と言う想像の国を作りその物語を書いて遊んだ。学校には行かず個人授業でオックスフォード大学に進学。第一次世界大戦に従軍後大学に戻り、モーダリン学寮で英文学特別研究員を勤め、そこで指輪物語の作者J・R・R・トールキンと知り合う。その後ケンブリッジ大学に移り、中世・ルネッサンス英文学の主任教授を務める。1963年定年退職した年に他界。

著作は、詩集、論文集など多数。1957年に『さいごの戦い』でカーネギー賞を受賞。
第二次世界大戦後、ルイスの愛読者であり離婚歴のあるアメリカ人の詩人ジョイ・ディヴィッドマン・グレシャムと知り合い、1957年に結婚。この結婚は当初、ジョイが英国籍を取得するための形式的なものであったが、後に彼女が骨髄癌に侵されたことを契機に深まった。この結婚は周囲から多くの非難を浴び、トールキンもこのためにルイスと断交している。ジョイとのストーリーは映画『永遠の愛に生きて』で描かれ、広く知られる。

悪魔の手紙 | 顔を持つまで |
別世界物語
沈黙の惑星を離れて | ヴィーナスへの旅 | いまわしき砦の戦い |
ナルニア国ものがたり  
ライオンと魔女 | カスピアン王子のつのぶえ | 朝びらき丸東の海へ | 銀のいす | 馬と少年 | 魔術師のおい | さいごの戦い |

 悪魔の手紙

The Screwtape Letters
悪魔の手紙

The Screwtape Letters: With Screwtape Proposes a Toast (The C.S. Lewis Signature Classics)

<悪魔の手紙>
スクルーテイプという老練な悪魔が、その甥の駆け出し悪魔に向けて書いた手紙という設定で構成される。

駆け出し悪魔はある一人の患者(ターゲットにした人間)を誘惑しようとしているが、患者はなかなか術中にはまらず堕落しない。
スクルーテイプは叱咤激励しながら、患者と言うもの、悪魔と言うもの、そして敵(神)について教えていく。

<乾杯の辞>
悪魔の手紙の出稿後に書かれた。これはスクルーテイプが誘惑者養成所の晩餐会の会場で述べた演説文。
体たらくの現在の悪魔と官僚的機構となっている彼ら組織への批判が主となっている。

神学者でもあるルイスの精神的核が反映されているの作品は多いが、それらの作品群の中で特異な位置を占めている。
それは悪魔と人間の関わりを悪魔側の視点から描き出すという構造が選択され、読者にも複雑な読みの姿勢を要求してくるからである。

ここにこそこの作品の最大の魅力を感じるとも言えるが、同時に作品を理解することの困難さを見出してきた読者もいるはず。現にキリスト教関係者からには多くのバッシングがあったそうだ。この作品のテーマは、「悪魔の生活について思弁することではなく、新しい角度から人間の生活に照明を当てること」(「序文」)である。

人間の傲慢や脆弱さ、貧困や窮乏、怒りや恐れにつけこむ手練手管を伝授するさまは、こちらがわの隙を眼前に突きつけられるようで苦笑する場面もある。
キリスト教の信仰を持たない私には一般的な人道的観点から書かれているものを読み取ることしかできないが、逆に言うと、そうした一般的な視点で充分面白いということだ。

尚、巻頭に友人J.R.R.トールキンへの献辞が掲げられている。
何故この作品を、トールキンへ捧げたのか…。

ドラクロワの石版画『飛翔するメフィストフェレス』の表紙も(文庫なので小さいのが残念だが)惹きつけられる。
  • 中村 妙子 訳
  • 平凡社
  • 発行: 2006/02/08
  • ISBN: 4-582-76565-3
  • 四六判 / 271p

 顔を持つまで

Till We Have Faces (1956)
顔を持つまで 王女プシケーと姉オリュアルの愛の神話 (平凡社ライブラリー)

Till We Have Faces: A Myth Retold
小国グローム国にはオリュアルとレディヴァルとイストラの三人姉妹がいた。
オリュアルとレディヴァルは本当の姉妹であるが、イストラは異母姉妹。
長女のオリュアルは醜女、それとは対照的にイストラは生まれた時から女神のように美しく、その美しさのために「プシケー」と呼ばれていた。

この美しく可愛らしい妹を長女の醜いオリュアルは愛で、幼いながら母親代わりとなって彼女の世話に明けくれる。
だが、飢饉や干ばつに苦しむグローム国は美しいイストラを<灰色の山>の神の生贄として献げた。

オリュアルは神をに捧げられたイストラのその後を確かめるめるべく、<灰色の山>に登る。そこで出会ったものは神の花嫁となって幸福そうに暮しているイストラだったのだが―。

イストラという愛、あるいは慰めを諦めねばならなくなったオリュアルはその後グロームの女王となり、自ら戦の先陣を切り、外交においても内政においても手腕を発揮し、治世は平穏となった。しかし、晩年、孤独に苛まれ<灰色の山>の神を告発するために、巻物にその時の出来事を逐一書き記し始める。

ルイスにとって最愛にして唯一の女性、ジョイ・ディヴィッドマン・グレシャムに捧らた作品。しかし、唯一にしては女の醜さ・独善的で居直り系の自己正当化など、厭らしさがよく描けていて、もしかすると観察力が「唯一」にさせてしまったんではないかと……。

アプレイウスの「黄金のろば」の中のキューピッドとプシュケーのエピソード(プシュケーの美しさに人々がアフロディーテのことをないがしろにしたため、女神を怒らせてしまう…。)を駆使したルイスの創作。
この物語の舞台となるグロームの国の人々はアフロディーテに当たるウンギットという神を信仰しており、 その息子に当たる灰色の山の神がキューピッド。プシュケーはイストラ。
キューピッドに見染められた妹プシュケーの暮らしぶりに嫉妬した姉たちが、プシュケーにランプで夫の顔を見るようにそそのかしたというものが原典のエピソードに盛り込まれているが、この物語でも、妹イストラに夫の顔を見るようにオリュアルはそそのかす。

オリュアルは確かにイストラの言葉を信じるに足るものを目撃、あるいは感じ取ったはずなのにそれを信じようとはせず、自分の知識や常識に逃げ込む。

嫉妬などしていないと自ら言い聞かせながら美や女としての幸福に強烈な嫉妬をし、それが転じて凡そ唯一人愛したであろう側近のバルディアの妻に対する競争心へと変質していく。

神の姿がどうであろうが、存在がどうなんだろうがそんなことはどうでもよく、人間が到達できる意識のレヴェルで幸福にも不幸にもなるというお話のような気もする。
私は前半のイストラとの件より、その妻の存在を意識しながらバルディアとともに仕事をし、自らの優越感がバルディア亡きあと妻によって糾弾されるまでの件が興味深かった。
  • 中村 妙子 訳
  • 平凡社
  • 発行: 2006/04/10
  • ISBN: 4-582-76565-3
  • 新書判 /461p  平凡社ライブラリー

 沈黙の惑星を離れて ―別世界物語

Out of the Silent Planet
沈黙の惑星を離れて
  • 中村 妙子 訳
  • 出版: 原 書房
  • 発行: 
  • ISBN: 
  • 単行本:

 ヴィーナスへの旅 ―別世界物語

Pelelandra
ヴィーナスへの旅

  • 中村 妙子 訳
  • 原 書房
  • 発行:2001/12/31
  • ISBN:4-562-03447-5
  • 単行本・361ページ
  • 解説:小谷 真理

 いまわしき砦の戦い ―別世界物語

Out of the Silent Planet
いまわしき砦の戦い
  • 中村 妙子 訳
  • 出版: 原 書房
  • 発行: 
  • ISBN: 
  • 単行本:

 ライオンと魔女 ―ナルニア国ものがたり

ライオンと魔女

 カスピアン王子のつのぶえ ―ナルニア国ものがたり

カスピアン王子のつのぶえ

 朝びらき丸東の海へ ―ナルニア国ものがたり

朝びらき丸東の海へ

 銀のいす ―ナルニア国ものがたり

銀のいす

 馬と少年 ―ナルニア国ものがたり

馬と少年

 魔術師のおい ―ナルニア国ものがたり

魔術師のおい

 さいごの戦い ―ナルニア国ものがたり

さいごの戦い