© Fantasia Lab. All Rights Reserved.
<<Back

トーベ・ヤンソン Tove Jansson

トーベ・マリカ・ヤンソン(Tove Marika Jansson)1914年8月9日 - 2001年6月27日。フィンランド・ヘルシンキ生まれ。スウェーデン系フィンランド人の画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家。
オックスフォード大学・エクセター・カレッジ卒業後、オックスフォード・ウェストミンスター・カレッジなどで英文学の講師を勤めながら小説や戯曲を執筆。
フィンランド人彫刻家の父とスウェーデン人画家の母の長女として生まれ、幼い頃から絵画に親しんでいた。15歳で政治風刺を中心とする雑誌『ガルム』の挿絵を描き始める。代表的なキャラクターのムーミン・トロールは、小説としての『ムーミン』シリーズの執筆(1939年、発表は1945年)よりも早く1944年頃から『ガルム』誌に挿絵として登場。
作家として世界的に有名であるが、本国フィンランドでは画家としての評価も高く、特にフレスコ画の手法を用いた国内の公共建築の壁画など多く作品を残している。
1966年に国際アンデルセン賞作家賞、1984年にはフィンランド国民文学賞を受賞。

ムーミンシリーズ
たのしいムーミン一家 | ムーミン谷の彗星 | ムーミン谷の夏まつり | ムーミン谷の冬 | ムーミンパパの思い出 | ムーミン谷の仲間たち | ムーミンパパ海へ行く | ムーミン谷の十一月 |

 たのしいムーミン一家

Trollkarlens Hatt (1948) Finn Family Moomintroll (英)
たのしいムーミン一家 (講談社 青い鳥文庫)

Finn Family Moomintroll (Puffin Books)
英語版

 ムーミン谷の彗星

Comet in Moominland

 ムーミン谷の夏まつり

Farlig Midsommar (1954)
rate-3
ムーミン谷の夏まつり (講談社青い鳥文庫 21-3)

Moominsummer Madness
英語版
6月、火山が噴火した。ムーミン谷は灰に覆われ、海の水がムーミン一家を水没させそうになる。そこに流れてきた劇場。ムーミンたちはそれが劇場とは判らずに大きな客間がある家と思い、乗り移る。相変わらず無抵抗で高順応なムーミンたち、直ぐに慣れ暮らし始める。ムーミンパパのステッキで家を舫いでいたのだが、木の上で寝ていたムーミンとスノークのお嬢さんを残し夜のうちに家が流される。
ちびのミイはミイで床板が開く所から床下を覗いていたらボチャンと落ち…

それぞれがそれぞれの入江の旅をして、最後には夏至のお祭りの夜にみんなが再会。そこにはスナフキンもおり、新しい友達もいる。
翌日には水の引いたムーミンの谷の我が家に帰り、天災見舞われた前よりももっと幸せになった様子。


「夏まつり」と言っても私たちの日本の夏祭りとまるで様子は違う。6月の夏至祭の事。
この日の夢で結婚相手を占うという風習、スノークのお嬢さんやフィリフヨンカも物語の中でやっていたが、この占いから「ジューン・ブラインド」が生まれたとご存知だったろうか?

フィンランドの白夜の中でフィヨルドのように入り組んだ入江の海に浮かんだ劇場、そこにボートでたくさんの観衆がやってくる…岸辺には火が焚かれる…その向こうは深い森。巻頭に描かれる今回の物語の舞台となっている地図も、妖精たちのように謂わば異形の生き物たちの世界なのに、美しい風景は実際にフィンランドの情景なのに違いない。

子供の頃に読んだムーミンの印象と違うのは当然なのだが、ムーミンの凄さを大人になって再確認。登場するキャラクターの性格が時に残酷だったり、悲観的だったり、皮肉屋だったり…。でもそれも「あり」。自然現象に対しても恨み事一つなくこれも「あり」。
身近な家族や友達に対する愛情や友情だけでなく、そこにあるがままの世界をあるがままに受け入れること、その自然さ幸福さに驚く。
  • 下村 隆一 訳
  • 講談社
  • 1981/06/10
  • ISBN:4-06-147046-9
  • 新書版/222p 青い鳥文庫