© Fantasia Lab. All Rights Reserved.
<<Back

伊藤 盡 Zin Itoh

エルフ語を読む |


 エルフ語を読む

rate-3

『指輪物語』エルフ語を読む
お年寄りの方も拡大鏡ナシで読めそうな程大きい文字と平易な文章。

構成は6つの章立てになっていますが、概ね以下のように3つの内容に分けらる。
 ① トールキンが創造したエルフとエルフ語についての概略と、トールキンの創造の源についての考察。
 ② 簡単なエルフ語のフレーズの紹介
 ③ エルフ語の文法と語彙集

特に面白かったのは①の比較言語学的観点からトールキンがどのようにエルフ語を扱い、系統発生させていったか、そのベースになるものが何であったか、など。
これらは多くのトールキン研究で言及され尽くしているものなのだろうが、PJ版LotRで多くの新たなファンを獲得した「今」に相応しく、誰もが簡単に理解できるように書かれている。

エルフ語の教本というと、簡単に入手出来るものの中ではジム・アレンの"An Introduction to Elvish"があるが、 如何せん版下印刷らしく文字の詰まりやかすれがある…非常に読みづらい。
言語としてより興味を持ち、深めたい方にはお奨めだが気軽にエルフ語を知りたい方はこちらで充分ではないかと思う。
  • 青春出版社
  • 発行: 2004
  • ISBN: 4-89449-031-5