© Fantasia Lab. All Rights Reserved.
<<Back

井村 君江 Kimie Imura

1932年3月1日 ―栃木県宇都宮市生まれ。英文学者・日本文学者・児童文学者・比較文学者・ケルト・ファンタジー文学研究家であり、元明星大学教授。フェアリー協会会長。イギリス・フォークロア学会終身会員。うつのみや妖精ミュージアム名誉館長。妖精美術館(福島県大沼郡金山町)館長と多彩な顔を持つ。
英文学ではアーサー王、シェイクスピア、オスカー・ワイルド、コールリッジが専門であり、海外の優れた未邦訳作品を数多く日本に紹介。元来は大正期の日本文学が専門であり、特に与謝野晶子、佐藤春夫、日夏耿之介の研究者として業績を残す。 日本におけるケルト神話・妖精研究の先駆けであり、妖精学の世界的権威として著名である。 2003年に生まれ故郷の宇都宮市に膨大な数のケルト・妖精関係資料(文豪の自筆原稿や貴重な美術品を含む)を寄贈した。寄贈された資料を展示するため、2007年7月31日、世界的にも珍しい妖精をテーマにした美術館うつのみや妖精ミュージアムがオープン。功績を称えられ、宇都宮市から名誉館長の称号を贈られた。

ギリシア神話 |


ケルトの神話 ―女神と英雄と妖精と

rate-3

ケルトの神話―女神と英雄と妖精と
ケルト民族が単独で創った国家は存在せず、それだけにまとまった遺跡・記述がない。
 幻の民族と言われる所以である。
 しかしヨーロッパの、とりわけブリテンのルーツであるキリスト教以前の異教と呼ばれたものが、今尚多くの物語の出発点になっており、作家の、また読者のエピファニーになっている。

 しかし作家にとって至極当たり前に呼吸しているケルトの空気も、われわれ日本人にとっては不思議に思ったり、違和感を感じる場面もある。
 そんなわれわれに平易な文章で理解を助けてくれる一冊。

~目次~
Ⅰ 「天地創造神話」のない神話
  ・地下から来た神々
  ・国造りを見た男トァンの話
Ⅱ ダーナ神族の神話
  ・ダーナの神々
  ・ダーナ神族と妖精と常若の国
  ・トゥレン3兄弟の試練の旅
  ・かゆ好きの神ダグダ
  ・愛の神オィングスの夢
  ・蝶になったエーディン
  ・白鳥になったリールの子
  ・大地と河の女神
  ・戦いの女神
Ⅲ アルスター神話
  ・赤枝の戦士たち
  ・光の神ルーの子ク・ホリン
  ・悲しみのディアドラ
Ⅳ フィアナ神話
  ・フィンとフィアナ騎士団
  ・フィンと妖精サヴァ
  ・妖精にたのまれた戦い
  ・ディルムッドとグラーニャの恋

 著者である井村君江さんは歴史学者ではないが、比較文学の立場からケルトの伝承を今に蘇らせる著述を精力的にこなされている方。
~あとがきから抜粋~
 マロリー以前のアーサー王伝説の形が見られる『マビノギオン』…しかし、これは英雄サガといったほうがよく、赤枝の騎士団のク・ホリンや、ファアナ騎士団のオシーンたちにその原型が見られるのです。
妖精の女王や常若の国の存在など、ダンセイニを始め多くの幻想文学のエッセンスになっているが、英雄伝説の下敷きにもなっていて興味深い。
  • 筑摩書房
  • 発行: 1990/03
  • ISBN : 4-480-02392-5
  • 文庫 / 269p