HOME

フリードリヒ・フーケ Friedrich de la Motte Fouqué

フリードリヒ・ド・ラ・モット・フーケ。本名はフリードリヒ・ハインリヒ・カール・ド・ラ・モッテ(Friedrich Heinrich Karl de la Motte)。1777年2月12日―1843年1月23日。ドイツ初期ロマン主義作家、詩人。「フーケ」は男爵としての名。
プロイセンのブランデンブルクで、フランス人の父とドイツ人の母との間に生まれた。 祖先はフランス北西のノルマンディー地方の古い貴族の家柄であり、1685年のナントの勅令廃止により、プロイセンに亡命。フーケの祖父はプロイセンの将軍となり、フリードリヒ2世の親友で、フーケが誕生した時には、フリードリヒ2世が名付け親になったほどの名家。
父方の家系にはノルウェー人の血も流れているらしく、フーケはこれを大変喜んでいた。
軍人としてラインラントへの遠征の途中で出会った女性と結婚したが、2~3年後には離婚、年上の貴族の未亡人で流行作家だったカロリーネ・フォン・ロホーと結婚。この時の経験と呵責が後の『ウンディーネ』に大きな影を落としていると言われている。
フーケは軍人を辞めた後、作家に転身。1811年に『ウンディーネ』を発表。これは彼の代表作となり、後にドイツで長い間読み継がれる、オペラやバレエにも取り上げられる。
1813年に『魔法の指輪』、1814年に『ジントラムの道連れ』を発表。ワーグナー前にニーベルンゲンを自作の物語に取り上げている。

水妖記―ウンディーネ

Undine (1811) 

STORY

深い森を背後に、美しい湖に突き出た岬で倹しく信心深く暮らしていた老漁師の夫婦のもとへ、フルトブラントという騎士がやって来て、一晩の宿を求める。
そこで老夫婦の養女、気紛れで無邪気な美貌の少女ウンディーネと出会う。
翌日洪水が襲い、フルトブラントは出立できなくなるが、洪水の間ウンディーネと恋に落ち、彼女と結婚することが決まる。
結婚初夜のあくる朝、ウンディーネは、自分の正体告白し、洪水も不思議な出来事も自分のせいあると打ち明けるが、フルトブラントは変らぬ愛を誓い、ウンディーネを妻として町へ連れ帰ることとなる。

町にはフルトブラントがかつて告白し、彼に奇怪な森へ向かわせその愛を試した貴婦人ベルタルダがいた。
フルトブラントがウンディーネを連れ帰ったことで彼女は失望するものの、ウンディーネとは気が合い打ち解けた仲となる。だがベルタルダの霊名日に、祝いの席でベルタルダの本当の両親があの老いた漁師の夫妻であることを明かすと、ベルタルダは激昂し、訪れた老夫妻に罵声を浴びせる。この振る舞いに育ての親からも見放されたベルタルダと共にフルトブラントはウンディーネと自分の城、リングシュテッテン城に帰る。

三人の奇妙な生活が続く中、フルトブラントの心は次第にベルタルダに傾いて行く。
ウンディーネは優しい友情からベルタルダの窮地を救い、このことにより一時フルトブラントの情愛を取り戻すが、旅先のドナウ川上で「水の上でウンディーネを叱ってはいけない」という精霊界の掟をフルトブラントは破り悲劇が加速する。


REVIEW

  「オンディーヌ」とフランス語で、「アンダイン、アンディーン」と英語で表記されることもある。

 「自然」そのものの無邪気で美しいウンディーネ。魂がなければ楽しいままで生きていられたが、死して尚残る魂を彼女は求めた。だが、手に入れた魂は深い愛情と共に深い苦悩や悲しみの影を与えた。

 岬の小屋で暮らしていた時は疑いもなかった騎士の愛情は、城に戻り、城主としての暮らしに戻ると、これまで感じなかったウンディーネとその身内が疎ましく感じられる…彼女より、より現実的な振る舞いや習慣を身につけているベルタルダを愛するようになる。
たとえどんなにウンディーネが控えめであっても、ベルタルダに対する嫉妬も持たず、生まれたての全く善き魂を持った女性であっても。

古くから伝承されていた水の精霊やパラケルススのニンフからヒントを得たこの物語は、フーケー自身が遠征途中(非日常)で出会った娘と結婚、しかし、日常に戻ると知性豊かな身分ある女性と再婚し、その呵責と経験によって書かれたものであるらしいことが理解でき、幻想譚であるのにも関わらずリアリティを持って悲しみや切なさがこちらの胸を打つ。
最愛の人を抱きしめ、死の接吻をするウンディーネ。フルトブラントはまるでそれを求めるかのようにウンディーネに身を任せる…とても哀しくも美しい結末に涙を流す読者も多いだろう。

ヒロイン、ウンディーネとフルトブラントは勿論、ウンディーネの養い親や二人の婚姻を執り行い、かつフルトブラントの葬儀を行う宿命の神父ハイルマンなど、印象深い人物も登場する。
また、ウンディーネの身内である、水の精キューレボルンの登場や土の精の描かれ方なども強烈な印象であるし、美しい自然も恐怖と背中合わせ。既に畏怖を感じる自然が失われている現代だけど、かつて自然は人間にとって最も崇高で最も危険なものであったことを思い出させてくれる場面も。

アンデルセンの人魚姫…、だね。

  • 水妖記―ウンディーネ (岩波文庫 赤 415-1)
  • Undine
  • サンプル画像

柴田 治三郎 訳
岩波書店
発行:1983年(初版)1983/05/25
ISBN: 4-00-324151-7
文庫 /165p

このページのトップへ