ピーター・ディキンスン Peter Dickinson

1927年 - 。アフリカの北ローデシア(現ザンビア)、リヴィングストン生まれ。イギリスのSF作家、ファンタジー作家、推理作家、絵本作家。ディッキンソンの表記もある。
妻はSF・ファンタジー作家のロビン・マッキンリイ。
幼年期を世界各地で過ごし7歳でイギリスに帰国。イートン校を経てケンブリッジ大学キングズ・カレッジを卒業。ロンドンで『パンチ』誌の編集部で働きながら、執筆活動を始める。 1968年、推理小説「ガラス箱の蟻」でデビュー。その年のイギリス推理作家協会(CWA)賞ゴールド・ダガーを受賞。




魔術師マーリンの夢

Marlin Dreams


STORY 悪魔と人間の間に生まれ、アーサー王の出生に関わり、王位に就く手はずを整え、魔剣エクスカリバーをアーサーに与えた伝説の魔術師マーリン。
彼はニムエという若く美しい女に盲目的な恋をし、己の魔術を伝授した結果、愛するニムエによって大岩の下に生きたまま葬られる…  物語は、マーリン最期の有名な一説から始まる。

ディキンスンは岩に封じ込められたこの魔術師が、未だ生きており、そして夢を見続けているという設定で9つの物語を作った。
1つの物語が終わる度、ぼんやりと覚醒するマーリンの追憶が挿入される。

REVIEW  9つの物語はアーサー王伝説とは無関係なものであるが、騎士やユニコーン、城に巣くう魔女を撃退する魔術師など、ディキンスンの十八番であるミステリー色の強いファンタジー。
マーリンが覚醒した時の回想は抽象的で詩のような佇まい。
一見全く無関係なものが紡ぎあわされ、幽玄な雰囲気を作っている。
ページを捲る度に現れるアラン・リーの美しく、怖く、透明な挿絵がこの本のミステリアスな空気を増幅させてくれている。

物語を楽しむというより、空気に身を置いて楽しむ…そんな1冊である。

  • 山本 史郎 訳
  • アラン・リー 絵
  • 原 書房
  • 発行: 
  • ISBN:

血族の物語 おすすめ

The Kin (1988)
上

下


The Kin
STORY アフリカ。未だ人類が狩猟と採集によって生を紡いでいた時代、8つの<最初のものたち>への素朴な信仰と、それに由来する部族に分かれ暮らしていた。

「月のタカ族」はある時、<よそ者>に襲撃される。
僅かに生き残った人々は、新たな<よきところ>へと旅立つが、過酷な環境の中で足手まといになる幼い子供と病人を岩穴に置き去りにすることになる。
だがその夜、弟を置き去りにした少女ノリは<月のタカ>の夢を見る。
夢のお告げを幼なじみのスーズに話し、隊から密かに離れスーズとノリは子どもたちを助けるために引き返す。

スーズをリーダーとしてノリとティヌ、幼いコー、マナ、オータンとともに<よきところ>を目指し、 血族との再会を目指す。

上巻は年かさの少年スーズとノリを中心とした物語スーズとノリを中心とした6人の冒険と成長の物語。
下巻では「月のタカ族」との再会後、コーとマナの視点から他民族との関わり、異文化との摩擦を通し、より精神的な問題や人間の根源的な問題を問いかける。

各章毎に<最初のものたち>にまつわる神話と思しき物語が挿入され、血族の背景や思考への理解を与えてくれている。

REVIEW  原始、人が狩猟と採集によって生きていた時代。舞台はアフリカだが、当時の環境を作者は想像しながら書きすすめていることがよく判る。読者層や作風に甘えることなく丁寧な取材や調査が背景にあることが察せられ、好感が持てる。
人びとは当然裸なのである。煌びやかな建造物や装飾物も一切無い。
しかし、原野と砂漠、火と水、月と灼熱の陽、瑞々しく色とりどりの動植物、闇と青い空…引き締まった肉体とよく動くしなやかな手指…目に浮かぶ情景は、とても美しい。

人がどのようにして生き、集団を維持・存続させてきたか、スーズらの冒険と<最初のものたち>の神話がクロスしながら理解させられていく。
異種族・異文化との遭遇による葛藤、生命の危険に常に晒される過酷な環境の中で規律を守り、智恵を出し合い、血族を守り次へと紡いでいく。
生きることそのものが善である単純な社会であるが、そこには敬愛や礼儀、思いやりと慈悲といった極めて高度な精神活動が存在する。最後の物語では「戦い」がテーマ。仲間を守るためではあるが、人を殺したマナが傷つき悩みながら善悪の意識に人間の証を見出す。
かれらの言語そのものと同様、訥々とした感情表現であることが、こちらの最も柔らかい感情に訴える効果があるように感じる。
スーズやノリたちと一緒に旅をしてきた物語、最後も、そして読後の余韻も未だ一緒に旅をしている。

これほど胸が熱くなった物語もそれ程多くは無い。

  • 斉藤 健一 訳
  • 沢田 としき 絵
  • ポプラ社
  • 発行: 2003/05上 2003/08下
  • ISBN: 4-591-07649-0(上) 4-591-07808-6(下)
  • 四六判 / 271p

エヴァが目ざめるとき

Eva (1990)
エヴァが目ざめるとき

Eva