スザンナ・クラーク Susanna Clarke

Susanna Mary Clarke 1959年11月1日 -。英国ノッティンガム生まれ。小説家。処女長編である歴史改変SF『ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレル』で有名。
幼少期を北イングランドとスコットランドの様々な町で過ごし、1981年にオックスフォード大学セントヒルダズ校で哲学と政治学、経済学の学士の単位を取得。9年間Quarto PublishingやGordon Fraserで出版の仕事に携わった後2年間イタリアトリノやスペインビルバオで外国語教師として働いた。
1993年に帰国してからはケンブリッジにあるサイモン&シャスターに雇われ、十年間料理本の編集をしていた。この仕事の合間をぬって『ジョナサン・ストレンジ』を1993年より執筆を開始。SF作家兼レビュアーである夫コリン・グリーンランドと共にケンブリッジに住んでいる。




 ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレル

Jonathan Strange & Mr. Norrell (2004)

ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルI

ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルII

ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレルIII



Jonathan Strange & Mr. Norrell
  • 中村 浩美 訳
  • ヴィレッジ・ブックス
  • 発行:2008/11/14
  • ISBN : 978-4-86332-093-2(Ⅰ), 978-4-86332-094-9(Ⅱ), 978-4-86332-095-6(Ⅲ)